元ダンナからの贈り物

一昨日、元旦那から宅配便が届きました。

メインは引越し前にネットで登録した猫写真、当選?すると来年のカレンダーの1枚になったかと思われるものに応募していたんですが、ダメで。w

試供品のおやつがあっちの家に届いたんだそうです。

「タダだし、どうせ試供品なんてろくでもないから捨てるなり、会社の猫飼ってる人にでもあげたら?送料もったいないし。」とは言ってあったんですが、送ってくれました。

想像より大きな箱で来たので「おや?」と思ったら、元旦那が買い足したと思われる犬猫のオヤツ等が入っていました。

で、何故か購入した時のレシートも同封されてましてね。w

「へぇ、ドラッグストアで買ったんだ。あら、ずっと使ってたJCBカード使ってないのね、解約したのかな。年会費高いしね。」程度のことを考えながらみたら、お店の住所が離婚のきっかけになった例の彼女のお家のほうのお店でした。

「もう振られたし、向こうは学生だし、この先どうなることもない。」なんて言ってたけど、未だにお付き合いは続いていたんだね。

良い関係が築けているならいいことではないでしょうか。

ん?

あれ?

このオヤツの量にしては支払合計でかいな?なになに…?

おいおい、コンドーム買ってるよ。www

夜7時に彼女のお家の近く(?)でコンドームと歯磨き粉。www

しかもシルバーウィーク突入した日くらい。

なんだ、もうすっかりできあがってるじゃない。www

「付き合うことは絶対にない」なんて言い張ってたけど、うまくいったのなら「おかげさまで」の一言ぐらいいただきたかったものです。

あなたたちのために私は独身時代のすべての貯金をつぎ込んだその家を「なんでまだいるの?少しでも早く出ていけないの?」と追い出されたのですから。

うちの親兄弟親戚からいただいたお金で買った電化製品と家具に囲まれて。

1円の貯金もないあなたはその時なにも支払っていませんよね?覚えてますか?

まさか全部自分のお金で買ったつもりでした?

でも、それなりの時間、苦楽を共にした相手です。

今後の幸せを願う気持ちもありますが、踏みにじられた気持ちや私なりの努力をすべてけなされ、多くのものを失い一人で生きる不安に泣いた夜もあることを忘れないでいただきたい。

あなたは自分一人の力で今まですべてのことを乗り越えてきたように考えているところがあるようです。

最初に仕事を失った時、私の貯金からパソコンの自作をされてあげ、就職情報誌を買って、ネットワークの仕事に辿り着ける状態にした私の気持ちを忘れないでいただきたい。

借金まみれだったあなたの返済を手伝い、病気で仕事を失えばあなたの知らないところで両親に頭を下げてお金を工面したことを心の隅においてください。

自殺未遂で保護されたあなたを震えながら迎えに行った私の気持ちをこれ以上踏みにじらないでください。

上辺だけのあなたの「誠意」はどこまで私を傷つけるのでしょう。

精一杯おどけて送ったLINEのメッセージ。

「うっかり」って何?どこまで私を馬鹿にして傷つけるの?

たしかにうっかりなんでしょうけど、そこで「お陰で今うまくいってる。ありがとう。」くらいの報告をいただけてもいいような気がします。

今後も二人で仲良く過去の辛さを打ち消しながら未来へと歩いて行くのでしょう。

彼女のご両親は厳しい方とのことで、もしかしたら反対もあるかもしれませんが、二人の情熱でどうぞ楽しい家庭を作ってください。

望めば子供も授かることでしょう。なにしろ彼女は若いのだし、私のような不健康な体でもないでしょう。(たぶん)

それは、私には絶対与えられなかった幸せです。

どうぞ、コンドームなど使ってないで、さっさと子作りでもしとけや。

孫ができりゃあ向こうの親も諦めるだろ。しらねーけど。

お前は無職期間「自分の力で乗り切った」感たっぷりかもしんねえけど、こっちは金銭的にも散々工面してやってるっつーの。ボケが。

忘れんな!のぼせ上がるな!

たとえ14年前のことでも、お前が北斗☆の命を奪った行為にだけは生涯反省して生きろ。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください